TOAの不動産鑑定・不動産コンサルティング

CRE戦略のサポート

CRE戦略のサポート

CRE戦略とは

CREという言葉を良く耳にしますが、CRE(Corporate Real Estate)とは企業不動産の意味です。
現在、企業が所有する不動産は約490兆円、面積にして国土の約14%を占めます。CRE戦略とは企業不動産について企業価値向上の観点から、経営戦略的視点に立って見直しを行い不動産投資の効率性の向上を図り経営レベルで企業不動産をマネージメントする事です。

CRE戦略

定義

企業の事業継続に資する不動産を経営の視点から、総合的かつ戦略的に再構築することにより不動産の潜在価値を引き出し、企業価値増大の実現を図る。

企業の経営戦略の一部

最終目的は不動産の価値向上という手段を用いて企業価値の向上を目指す事。

求められる基本的な不動産マネジメントプロセス(PDCAサイクル)

貴社の不動産について改めて振り返ってみませんか。
大きな比率を占める資産である事に気づくはずです。

不動産の持つ潜在的な価値を最大限に引き出し、経営に生かす手法に注目が集まっています。
価値を上げるというのは必ずしも売却をさすだけではございません。賃貸や運用形態を変更するほうが収益が上がる事も多くあります。不動産全体の価値が上昇すれば、企業価値は向上します