TOAの不動産鑑定・不動産コンサルティング

2016.11.30更新

11月28日にJA中央会様の融資ご担当者向けにセミナーを行いました。

担当は、弊社代表の山際が努めさせて頂きました。

定期的に公演をさせて頂いており、今回で早4回目となります。

 

今回のテーマは「不動産担保と収益還元法」として、

収益還元法の基本から実際の査定まで説明させて頂きました。

 

収益還元法は、不動産のキャッシュフローに着目する鑑定評価手法であるため、

御融資の返済原資が不動産から得られる賃料が中心であることを考慮すると

極めて重要な手法となります。

 

今回のセミナーで収益還元法をご理解頂き、

皆様の貸付・管理業務の一助となることができれば幸いです。

2016JAセミナー 

 

 

 

(文責:三宅)

投稿者: 東亜立地鑑定

2016.10.07更新

10月6日に金融機関の融資ご担当者向けにセミナーを行いました。

担当は、代表の山際と東京支社長の山木が担当させていただきました。

場所は金融機関様の本社にて行いましたが、テレビ中継を通じて各支店総勢500名近い方に受講していただきました。

 

テーマは「首都圏の不動産市場の動向」として不動産市場の現状を各種公表データや独自取材をもとに説明させていただきました。

①首都圏の投資市場の動向

として総論を解説したした後、

②不動産の用途別の市場動向

として関西の市場動向とも対比しながら各論のお話をさせていただきました。

 

レジデンスやオフィスなど用途ごとに市場動向は異なるので、ポイントを絞り、グラフや実例を交えながら市場背景を解説することを心がけました。

受講下さった皆様の貸付・管理業務の一助となることができれば幸いです。

 

1


2

 

(文責:山木)

 

 

投稿者: 東亜立地鑑定

2016.05.05更新

福井駅前

先日、出張で福井県に行ってきました。

現地調査の前日の夜に福井駅に着いたのですが、駅からホテルへ向かっている途中にものすごいうなり声が聞こえてきました。

振り返ると恐竜が首を動かしながら、鳴き叫んでいました。びっくりしました。

これは、北陸新幹線開業に合わせて作られた恐竜のモニュメントです。新幹線の福井駅の開通は平成34年度を予定していますが、金沢からもう少し足を運んでほしいとの思いもあり、設置されたそうです。

福井県勝山市では恐竜の化石が多く発掘されており、福井県立恐竜博物館も観光名所として人気を集めています。

写真は「フクイティタン」という白亜紀前期の竜脚類の恐竜です。童謡「怪獣のバラード」のように「海が見たい人を愛したい」と叫んでいたかは分かりませんが、恐竜語で何かを叫んでいました。また、プライベートでも恐竜博物館に行ってみたいと思いました。

山木

投稿者: 東亜立地鑑定

2016.04.01更新

一昨年、昨年に引き続き、今年度も3月10~11日の2日間にわたり、NTT西日本不動産部門本社集合研修(不動産活用プランニング・マネジメント研修)の講師を弊社で務めさせていただきました。

 〔講義内容〕

 ~1日目~

   投資分析手法の基礎〔プレ演習〕

   家賃の鑑定評価手法概論

 ~2日目~

    投資分析実地演習

  今年も昨年度に引き続き、投資分析手法についての講義および投資分析の実地演習を実施させていただきました。

  カリキュラムの作成にあたっては、昨年度のアンケート結果を踏まえ、二日目の実地演習がより円滑に進められるように、  1日目の講義にて直観的に投資分析の本質をとらえていただけるよう、より分かりやすい内容にほぼ全面的にテキストの内容を改めました。

  実地演習は、昨年度に引き続き

  ①マーケット分析 ⇒ ②想定建物のグランドデザイン ⇒

  ③収支計算(2パターン検討 )⇒ ④実施プロジェクトの発表

  までを2日間でこなしていただくタイトなスケジュールでしたが、我々の準備した内容以上の想定計画を策定されるなど、想定を上回る発表をされる班も見受けられました。 

 年度末中の研修ということで、多忙な中にもかかわらずご参加くださった研修生の皆様におきましては、何か一つでも投資分析の考え方の基礎を身につけていただき、実際の業務に活用していただくことで、業務遂行の一助になれば、これ以上の喜びはございません。(文責:山際)

投稿者: 東亜立地鑑定

2016.04.01更新

東亜立地鑑定はこの度、東京支社を東京都中央区日本橋箱崎町に開業いたしました。東京及び関東圏の不動産市場をこれまで以上に迅速かつきめ細やかに分析、報告することが可能となります。

東京支社開業は先代所長が長年に渡り、念願していたことでした。

先代所長のお客様に喜んでいただくことを第一に考える理念に対して、これまでお客様に多くのご共感をいただき、弊社は成長してまいりました。

この東京支社開業は、ひとえにお客様の暖かいご支援の賜物であると心から感謝しております。

 これからもこの理念を遂行し、お客様のお役に立てる鑑定評価、コンサルティングを行ってまいりたいと存じます。

今後とも東亜立地鑑定をよろしくお願い申し上げます。  山木

 

投稿者: 東亜立地鑑定

2015.12.26更新

新橋

汽笛一声新橋をはや我汽車は離れたり愛宕の山に入りのこる月を旅路の友として

右は高輪泉岳寺四十七士の墓どころ雪は消えても消えのこる名は千載の後までも

 

JR新橋駅前には蒸気機関車が展示してあります。これは新橋駅が日本で初めて鉄道開通した駅だからであり、1872年に開通した新橋-横浜間が最初の鉄道路線でした。

このため鉄道開通を記念して作られた鉄道唱歌の1番は新橋駅から汽車が出発するところから始まります。

この鉄道唱歌の2番は新橋駅から4キロほど南に位置する泉岳寺が登場します。ここには、吉良邸に討ち入った赤穂浪士のお墓があります。

この泉岳寺の周辺において山手線の新駅が2020年ごろにできる予定があります。山手線は品川駅と田町駅の間が一番長く(約2.2㎞)、この間に山手線30番目の駅ができます。

これは、上野東京ラインの運行開始によって、これまで東海道本線を走る電車の車両基地としていた土地が不要になり、現在の品川車両車庫の西半分(約13ヘクタール)を活用することが可能となったからです。同時に大規模再開発も実施予定です。2027年には品川駅を起点にリニアモーターカーの開業も予定されています。

この新駅の名称はまだ決まっておらず、候補として地名の「高輪」が有力視されていますが、「泉岳寺」も知名度が高いため、こちらの可能性もあります。「新品川」という声も聞こえます。

 

JR東日本はこのまちづくりのコンセプトとして「歴史や文化が感じられ、歩いて楽しい、歩きたくなるような自然豊かなまちづくりをめざ」すとしています。

赤穂浪士が眠る近くで行われるこの大規模開発の動向を今後も楽しみにしていきたいです。

 

時代にキャッチアップし、きめ細やかな不動産市場の分析を行うため、東亜立地鑑定は、平成28年の4月に東京支社を開業します。私が支社長を務めさせていただきます。

蒸気機関車のように安定感を持ち、リニアモーターカーのように迅速にお客様のご依頼に取り組んでいく所存です。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

山木

投稿者: 東亜立地鑑定

2015.11.29更新

本日は昨年度に引き続き、JA大阪中央会様の研修会に外部講師としてお招きいただき「経済的耐用年数」を主要テーマとしてお話させていただきました。

 昨今、特に収益物件の価格が高騰する中で、適切な融資期間の設定が重要なテーマとなり、建物の物理的な側面だけではなく、経済的な観点から実質的な耐用年数を把握することの重要性が増しています。

 今回のセミナーでは、経済的残存耐用年数の取扱いについて、多くの金融機関様で活用されている法定耐用年数との違いをご説明し、そのうえで、経済的耐用年数の融資時における活用・運用方法を簡単なモデルケースをもとにご説明するかたちでレジュメを構成いたしました。

 受講された皆様には、建物の経済的残存耐用年数に対するご理解を深めていただき、もって、管理・貸付業務の一助となることができれば、これ以上の喜びございません。

20151127セミナー背景1

20151129セミナー背景1

 (文責:山際)

 

 

投稿者: 東亜立地鑑定

2015.10.19更新

お取引のある金融機関の2支店合同の親睦会にて
セミナーを開催させていただきました。

大きなテーマは
「最近の不動産市場の動向」

業界の最前線でご活躍する不動産業者様が多く参加されるセミナーであったため、
市場実態を反映させるのみならず、鑑定評価の側面から不動産市場を
分析するため、各種経済指標をグラフ化し、過去の推移を俯瞰しつつ、
現在の不動産市場のありどころをつかみ、今後の動向予測を行うかたちで
レジュメを構成致しました。


 受講下さった皆様には、なにか一つでもお持ち帰りいただいて、
日常業務の一助となることが出来れば幸いです。

 (文責:山際)

投稿者: 東亜立地鑑定

2015.08.01更新


金融機関の支部店長様向けに研修会を行いました。

大きなテーマは
①最近の不動産市場の動向
②金融機関の立場から見た物件調査における注意点
③不動産担保評価と鑑定評価

単体でもセミナーが成り立つぐらいの重要なテーマを複数織込む必要があったため、ポイントを絞り、グラフや具体例・実例を交えながら極力わかりやすく解説することを心がけました。

 受講下さった皆様には、なにか一つでもお持ち帰りいただいて、
貸付・管理業務の一助となることが出来れば幸いです。

 

1

 

 

 

 

 

 

 

 

  (文責:山際)

投稿者: 東亜立地鑑定

2014.11.30更新


昨年に引き続き、今年も11月26~27日の2日間にわたり、NTT西日本不動産部門本社集合研修の講師を務めさせていただきました。
〔講義内容〕
~1日目~
紛争事例の解決
投資分析〔プレ演習〕
~2日目~
投資分析実地演習

今年は研修テーマの起案から携わらせて頂けたこともあり、カリキュラムの作成にあたっては、テキストを読むだけでは習得できない実践的な投資分析手法の習得していただくべく、NTT様所有の実際のビルをモデルとした収支検討を行うことを主軸としました。

研修は、
①マーケット分析 ⇒
②想定建物のグランドデザイン ⇒
③収支計算(2パターン検討 )⇒
④実施プロジェクトの決定(プレゼン形式の発表)

までを2日間でこなしていただく非常にタイトなスケジュールでしたが、大きなトラブルもなく、各班の発表は我々の想定を大きく上回る精度の高い内容でした。

市場分析のための基礎資料、想定建物・リニューアル内容、収支計算ソフトの説明など、資料の準備は大変でしたが、各発表内容を拝見すると充実した研修となったのではないかと思います。受講された皆様のスキル向上に繋がり、業務遂行の一助になれば、これ以上の喜びはございません。(文責:山際)

image1
image2
image3

投稿者: 東亜立地鑑定

前へ 前へ