TOAの不動産鑑定・不動産コンサルティング

2020.10.19更新

新事務所の最寄駅は東京メトロ半蔵門線、水天宮前駅になります。文字通り水天宮が至近に位置しています。水天宮は、安産のご利益があるということで有名です。
「情け有馬の水天宮」という言い回しがあります。これは、水天宮の総本宮がある福岡県の久留米藩の藩主が有馬家であったことに由来します。1818年に9代藩主有馬頼徳が分霊を行い、久留米藩の江戸藩邸内(芝赤羽根橋)に水天宮ができました。その後、1872年に現在の日本橋牡蠣殻町に移転しました。
藩邸内にあったため、分霊当初は藩主や藩士が参拝するのみでしたが、毎月5日に限り一般にも開放されました。この有馬家の恩情に庶民は上記言い回しをしたということです。ただし、久留米藩にしても水天宮の開放により財政がかなり潤ったということです。

私は、約4年半前に関西から東京に来たのですが、関西ローカルCMとして有名なものの1つに兵衛向陽閣のCMがあります。関西人ならだれでも唄える「♪有馬兵衛の向陽閣へ」という短いフレーズです。向陽閣は、神戸市北区有馬町にある温泉旅館です。このテレビCMですので、やはり東京に来てからは1回も見たことはありません。
有馬温泉は、金泉と銀泉という2つの種類のお湯が楽しめ、神戸、大阪、京都からのアクセスがいいので、関西の奥座敷として人気の温泉です。

水天宮を江戸に分霊した有馬家は元々この兵庫県の有馬出身で、苗字は地名に由来します。事務所の近くに関西に関係する施設があり、少しうれしく思いました。寒くなる季節になってきたので、温泉に行ってみたいです。

suitenguu

(文責:山木)

投稿者: 東亜立地鑑定

2020.10.19更新

2020年9月28日より東亜立地鑑定東京支社は日本橋牡蠣殻町へ移転しました。移転前の日本橋箱崎町から徒歩8分くらいの近距離にあります。
2016年4月1日に東京支社が新規出店し、約4年半が経過しました。この間、たくさんのお客様から多くのご依頼をいただき、成長をしてまいりました。たくさんのご支援に心から感謝申し上げます。
ご依頼に合わせて従業員の増員を続けてきまして、従前事務所では手狭になったことから今後の更なる増員に備えるため、また、オフィス環境の向上のために今回移転した次第です。
新事務所になりましても専門職業科としての矜持を持ち、社員一同自己研鑽に励むとともにお客様に客様のお役に立てる鑑定評価、コンサルティングを行ってまいりたいと存じます。今後とも東亜立地鑑定を何卒よろしくお願い申し上げます。

外観

お花

東亜立地鑑定

東京支社長 山木岳

投稿者: 東亜立地鑑定