TOAの不動産鑑定・不動産コンサルティング

2018.10.22更新

お客様 各位

2018年10月22日

株式会社東亜立地鑑定

 


事務所拡張・改修工事のお知らせ

拝啓

時下益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。また、平素は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。

さて、誠に勝手ながら10月27日から12月初旬にかけて、大阪本社の事務所拡張工事を実施させて頂きます。


工事期間中にご来社の皆様には何かとご不便をお掛けいたしますが、これまで同様変わらぬご愛顧を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

なお、工事期間中におきましても、通常営業させて頂いております。

 

 


敬具

 

工事1

 

工事2

投稿者: 東亜立地鑑定

2018.09.20更新

 本日は、滋賀県農業協同組合中央会様による資産査定及び内部監査担当者向け研修会に外部講師としてお招き頂きました。 

 「担保評価と出口戦略」と題し、前半では、滋賀県内において実際に落札された競売データに基づき、実務上多く使われる相続税路線価による簡易評価等と時価が乖離する可能性などをお示しし、過剰融資等のリスクについてご説明いたしました。

また、後半では物件調査の注意点を、不動産融資実行・管理時に焦点を絞り、弊社の実例を交えながら説明いたしました。

  経験豊富な不動産鑑定士でも見落としがちで、かつ、出口である競売評価時において大きな損失が生じる可能性の高い論点をご紹介させていただきました。

 不動産は調査に始まり調査に終わるといわれるほど、不動産調査は難しく、そして重要です。
 

 今回のセミナーを受講頂いた皆様には、セミナーの内容を少しでもお持ち帰り頂き、貸付・管理業務にお役に立てれば幸いです。

写真1

  

投稿者: 東亜立地鑑定

2018.08.02更新

 

本日は、不動産開発の現場に近い担当者様向け研修会に

外部講師としてお招き頂きました。

今回は、近年増加傾向にある不動産詐欺について

不動産売買の各段階において、留意するポイントを

実際の事例を交えながら、極力わかりやすくお話をさせて頂きました。

当日は、我々不動産鑑定士のみではなく、法律の専門家である

現役司法書士の先生を迎えて、如何に詐欺を防ぐかを

お伝えしました。

講義の内容については、近年の不動産詐欺は巧妙化しており、

取引の途中で詐欺に気がつくことは難しくなってきていますが、

複数の事件を見てみますと、特に気をつけるべき物件の特徴を

見いだすことができましたので、不動産売買などにおいては、

今回の講義を一度思い出して頂き、

安全な不動産取引のお役に立てれば幸いです。

nttyd

 ud3

 

文責 三宅

投稿者: 東亜立地鑑定

2018.01.23更新

本日は、金融機関の融資担当者様向け研修会に

外部講師としてお招き頂きました。

総勢100名を超えるご融資担当者様に向けて、

不動産融資実行の前段階における価値把握上の留意点等を

具体例を交えながら、極力わかりやすくお話をさせて頂きました。

が、当日は喉の調子が良くないことに加え、

つかみのジョークに会場が静まりかえってしまい、

冒頭から心が折れそうになりました。


次の機会を頂けるのであれば、この反省を原動力に笑いの渦を

作るべく精進したいと思います。

 

講義の内容については、弊社の経験を踏まえた重要な内容であることは

間違いないので、知識の一つでもお持ち帰りいただき、

管理・貸付業務のお役に立てれば幸いです。

文責 山際

投稿者: 東亜立地鑑定

2018.01.11更新

 本日は、近畿地区(大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀・和歌山の各都府県:順不同)JA中央会様の監査士向け研修会に外部講師としてお招き頂きました。

 第一線で活躍される監査士様向けの講演であるため、釈迦に説法となってしまわないよう、前提知識や枝葉の議論は控え、鑑定評価額と減損会計にて求めるべき価格との関係性(正味売却価額は正常価格、使用価値は特定価格)、実務上の注意点を各種データや具体例などを交えながら、極力直感的にご理解いただけるようレジュメを工夫しました。
 また、各種統計データを豊富にお示しすることで、実務上多く使われる相続税路線価による簡易評価等と時価が乖離する可能性などをお示しし、より正確な減損の兆候把握・測定に役立つ情報のご提供に努めました。
 本日お話しを聞いていいただいた監査士の方々の監査業務の一助となることができれば幸いです。

 

123244

 

103

 

1023

 

                                                                 投稿者: 東亜立地鑑定

 

投稿者: 東亜立地鑑定

2017.12.03更新

 例年通り、今年もJA大阪中央会様主催の各店担当者向けの研修会に外部講師としてお招きいただきました。
 この講演も、今回で早5回目となります。

「担保評価における物件調査」と題し、物件調査の注意点を、不動産融資実行・管理時に焦点を絞り、弊社の実例を交えながら説明いたしました。

  経験豊富な不動産鑑定士でも見落としがちで、かつ、出口である競売評価時において大きな損失が生じる可能性の高い論点をご紹介させていただきました。

 不動産は調査に始まり調査に終わるといわれるほど、不動産調査は難しく、そして重要です。
 今回のセミナーを受講頂いた皆様には、少しでも不動産調査の怖さと重要性をご理解いただき、もって貸付・管理業務の一助となることができれば幸いです。

 

2017

投稿者: 東亜立地鑑定

2017.07.26更新

7月21日にお取引のある金融機関様の支店長、部長様を対象とした集合研修を行いました。

「関西不動産市場の状況」と題して大阪市と京都市を中心に関西の不動産市場の現況と将来の展望について代表の山際がお話ししました。

堅調な大阪と京都のインバウンド需要の状況を説明するともに、この要因が不動産市場にどのような影響を与えているのかを具体的な統計・実例を挙げて解説しました。また、弊社の4,000件を超える査定実績をデーターベース化し、不動産の用途別に分布や利回りを分析しました。(当然ですが個別物件を特定できるような提示はしておりません) 

一例を挙げると、近年のホテル用地需要の高まりにより、両市の中心商業地では従来のオフィス適地にホテルが新築される例が多く見られています。そのため、オフィス供給が抑制され、現在オフィスの需給は逼迫しています。 

セミナーに当たっては、不動産融資を行うにあたっての将来リスクをご理解いただけることに主眼おいてお話しさせていただきました。

 受講下さった皆様の貸付・管理業務の一助となることができれば幸いです。

(文責:山木)

 test

B

 

投稿者: 東亜立地鑑定

2017.04.23更新

 

お客様 各位

2017年4月23日

株式会社東亜立地鑑定

 


事務所拡張・改修工事のお知らせ

拝啓

時下益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。また、平素は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。

さて、誠に勝手ながら4月29日から6月下旬にかけて、大阪本社の事務所拡張・改修工事を実施させて頂きます。


工事期間中にご来社の皆様には何かとご不便をお掛けいたしますが、これまで同様変わらぬご愛顧を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

なお、お電話がやや繋がりにくい状況が生じる場合がございますが、工事期間中におきましても、通常営業させて頂いております。

 

東亜立地鑑定_看板


敬具

 

追記

 

現在の工事進行状況をお知らせします。

6月1日現在の様子です。

工事途中経過

共用部分の仮壁の設置や応接室の追加などが終了しております。

 

6月の3週目には、新しいドアが設置予定となっており、

非常に楽しみです。

6月18日に工事完了予定となっております。

 

工事期間中にご来社の皆様には何かとご不便をお掛けいたしますが、これまで同様変わらぬご愛顧を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

 

追記

 

 

 

現在の工事進行状況をお知らせします。

 

6月19日現在の様子です。

 

20170620

20170620-1

 

現在の工事進行状況をお知らせします。

 

7月10日現在の様子です。

エントランスのデザイン関係の工事はまだ終了していませんが、

その他の部分は、概ね工事が完了しました。

 共用廊下

エントランス

オフィス内部

ミーティングルーム1

ミーティングルーム2ミーティングルーム2-1

 

 8月1日現在の様子です。

エントランス部分の工事も終わり、無事改修工事が完了しました。

2016

2018

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: 東亜立地鑑定

2017.04.09更新

東京タワーと東京スカイツリーの写真が撮れましたので、アップしてみました。スカイツリーは、鑑定評価で北海道へ向かう飛行機の中からの撮影したものなので、遠くに小さく映っています。

どちらも電波塔として建設され、観光施設としての役割も担っています。地上デジタル本放送開始により、テレビ放送の役割は東京スカイツリーに移りました。ただ、東京タワーはFMラジオの放送発信や地上デジタル放送のスカイツリーのバックアップの役割もあります。

見た目ではやはり、東京タワーの方がノスタルジーを感じ魅かれるものがあります。

くるりの「東京」という曲のジャケットにも東京タワーの写真が使われています。冒頭の歌詞にもあるように私も東京の街に出てきて1年が経ちました。東亜立地鑑定東京支社も1年です。今後ともよろしくお願いいたします。

(文責 山木)

東京タワー

スカイツリー

 

 

投稿者: 東亜立地鑑定

2017.03.01更新

 

2月28日にNTT西日本不動産部門本社集合研修(不動産貸付関連知識の習得)の

講師を弊社で務めさせていただきました。

弊社が担当させて頂くことになって、はや4回目となった本年研修ですが

回を重ね、より研鑽されたものとなっております。

 

本年は、家賃の仕組みや鑑定評価手法について研修をさせて頂きました。

中でも賃料相場が形成されていない、郊外の物件についてどのように賃料を

把握するかにスポットをあてて研修をさせて頂きました。

 

本研修は、弊社の都合により2時間程度となってしまったため、

モデルの簡略化やスポットを絞ることにより、受講者の皆様に理解しやすいよう

務めました。

 

今回のセミナーが何か一つでも、業務遂行の一助になれば、これ以上の喜びはございません。

 2016年度NTT研修

 (文責:三宅)

 

投稿者: 東亜立地鑑定

前へ